確実に稼げる投資物件を見抜こう~アパートセレクター~

ファイナンス

相続税対策

投資物件のアパートを購入するときは情報サイトを利用して探しましょう。取り扱っている業者によって物件数や利回りが変わって来ます。

相続資産の削減

日本では今年から相続税が増税になります。従来は相続税を払わなくても良かったケースでも相続税の対象となり得ます。相続税対策としての投資物件としてアパートの建設や購入は有力な手段です。アパートを投資物件としては管理が簡単なところが魅力となります。日本の都市部では依然として人口の流入が増加している地域が少なくありません。単身世帯の増加が大きな特徴ですので、アパートもファミリーより単身者を対象とする方が入居者の確保に繋がります。投資物件の建設や購入の資金を金融機関からの借り入れで賄えば節税効果はさらに拡大します。事業用資産の評価による相続資産評価の減少に加えて負債を資産価格から差し引くことが出来るからです。

管理業務の負担

投資物件として取得したアパートは日常管理を行わなければなりませんが、不動産業者に一括して委託することが出来ます。しかしながら規模が大きくないアパートであれば十分に独自で管理が出来ます。最近のアパートは共用部分が少なくなっておりますので指定日のごみ出しや定期的な外回りの清掃を行うことが日常の管理すべきことになります。共用部の照明などもLED照明を採用しておけば寿命が長くなるので維持管理が楽に行えます。賃貸料の受け取りも銀行振り込みが一般的になっておりますので常にアパートに顔を出す必要もありません。強いて大変なことを挙げれば入退去時の立会いと原状復旧の範囲を入居者が納得する形で決着を図ることだけです。

郊外の賃貸経営の方法

不動産投資を始めるときには、都心への通勤にも便利で手ごろな価格の投資物件が多い郊外が最適です。投資に適したアパートを買うときには、収益性を重視することが大切であり、購入後には設備投資も進めて満室経営を目指すのがポイントです。

不動産投資

不動産投資、投資物件としてアパート経営を考えてみると立地はとても大切です。人口成長率など幾つかのポイントがあります。また近年、アパート経営が人気なのにはローリスクでロングリターンが得られる事が挙げられます。そして稼働率をいかに上げるかが収益を上げるポイントとなります。

賢い不動産投資とは

投資物件で狙い目となるのが、中古アパートです。なぜなら、丸々1棟所有すれば、借主が見つからないというリスクは軽減されますし、また、丸々1棟購入しても、少ない費用で済むからです。築年数が古いのならば、リノベーションしてしまえば良いのです。リノベーション物件は人気がありますので、高収入が期待できます。